看護の需要万歳で就職難知らずな看護師は病院を選びたい放題?!

看護師の資格は一生持てる資格、これは手に職をもったほうがいいといわれる時代にうってつけの職業じゃないでしょうか?
それに看護師のメリットを考えてみたら、こんなにありました!
もしあなたが結婚しても、子供をもっても、自分で働き方が選べるということ。
家族の転勤で住んでいる場所が変わってしまっても、看護師なら需要がどこでもあるということ。
給与面でも安定した収入が得られるということ。
看護師になるきっかけは何であったとしても、一生続けることができる仕事だと思います。
反対に、デメリットもあるのも本当です。
患者さんの命を預かる現場にいて、人間関係も複雑なのですから。
そこで、このサイトでは看護師さんの良いところ、嫌なところを徹底検証してみました!

女性20代
手術室2年 美容クリニック2年

夫がいる看護師4年目で、総合病院の手術室経験2年、美容クリニック2年と働いています。

現在は美容クリニック

総合病院は有名で就職の聞こえがよく、親の薦めもあり働いていましたが、現在は美容クリニックで働いています。
美容クリニックは夜勤もなく、有名なところで安心して働けそうだったのと、給料も総合病院で勤めていたときよりもいいところが選んだ理由です。

親に言われて

親に看護師に向いているとすすめられたのが一番大きいですが、入院した時に、優しい看護師さんにお世話になったからです。

どこでも働ける看護師

旦那さんが転勤とかになってもすぐについていけること、離婚しても、一人で生活できるので人生の考え方が楽天的になること、就職難がないので、選ばなければどこでも働けて安定して稼げることが看護師のメリットだと思います。

自分の性格が悪くなる

看護師のデメリットを上げるとすれば、自分に余裕がなくなるので、人にやさしくできない、手術室勤務だったので、人をものとしてしか見れなくなる、痛いことが当たり前になってしまう、責任が大きいため人のミスを許せなくなる、お金を稼げるので無駄遣いが多いなどがあります。
そのため、自分の性格が悪くなったように感じてしまいます。

転職を考えることも

人の命を預かることはしたくないので、他で同じくらい稼げる職業があって、人の命に関わらない仕事なら転職したいです。

稼ぐために続ける

お金が稼げなくなると困るので続けます。
仕事は楽しい時もあれば、本当に嫌な時もありますが、やりがいはあります。
手術室も、非日常で楽しいので、美容で駄目になって、まだやる気が残っていれば手術室には戻りたいかなと考えています。
働く緊張感が生活にメリハリを与えてくれるので、まともな人でいられる気がしますが、仕事辞めたらだらしいない人間になりそうです。。。

耐えること受け入れること

とにかく勉強して、仕事の要領をつかむこと、経験を積むことだと思います。
また、とりあえず耐えることと、先輩にしっかり挨拶して可愛がってもらうことが大切で、言われた指導はしっかり受け入れるようにしましょう。