Home > 看護の仕事は一生ものか > 看護師は一生捧げる仕事に値する素晴らしい職業だ

看護師は一生捧げる仕事に値する素晴らしい職業だ

女性40代
有料老人ホーム2年、総合病院3年、眼科・個人病院2年

老人ホーム、総合病院の一般病棟勤務を経て、現在は眼科の看護師として働いています。

勤務先は眼科個人病院

患者として通院していたころ職場を観察した際に、通常の個人病院は、掃除や書類作成などの雑用がかなり多い中で、作業が分業化されていて看護業務に専念できそうだなと感じたことが決め手でこの病院に働くことにしました。

高い志はなく

あまり高い志はありませんでしたので、お給料がよい、求人が多いという理由から看護師になりました。

感謝される仕事は魅力的

「人に感謝される仕事であること」「年齢を重ねても続けられる仕事」「男女差別のない仕事」が看護師の魅力です。
一日のうちに何人もの方に「ありがとう」と言ってもらえる仕事はそう多くないと思います。

看護師の面倒なこと

お見合いをした際に、先方のご両親に「看護師さんなら老後の面倒を見てもらえる」と言われたことには絶句しました。
また「給料が良い」と言われることにも抵抗があります。
イメージが先行しすぎていて個人差があると理解されない点は面倒だと感じます。

楽しい看護師の仕事

今の仕事が楽しいし、自分の適性に合っていると思えるので、看護師をやっていて良かったと思っています。
海外留学や病気などでやむなく離職したことが何度かありましたが、その都度、比較的短期間で仕事を見つけることができたのも看護師免許のおかげです。

もう迷わない

辛いことや苦しいことがなかったとは言えませんが、いろいろな経験を経て、ここにたどり着いたので、この年齢になるともう迷いはありません。
今後とも続けていきたいし、定年になってもなんらかの形で働くことができればいいなあと感じています。

看護師は優しさが必要

振り返ってみると一生懸命やったことは、自分自身の大切な財産になって、現在の自分を支えてくれています。
例え努力が報われなかった場合でも、それは決して無駄にはなりません。
辛かったり苦しかった経験が人に優しくなれます。
そして看護師は「優しさ」がなければできない仕事だと思います。