Home > 看護師の目標 > 急性期の病院で働くママ看護師の目標はケアマネージャーの資格を取ること

急性期の病院で働くママ看護師の目標はケアマネージャーの資格を取ること

女性30代
脊椎脊髄6年、脳外科5年

今脳外科で働いており、家庭持ちで旦那、男の子2人の4人家族です。

看護師として働く場所は

急性期の総合病院で働いてます。

海外研修に興味を

看護学生の頃、そこで働いていた先輩が来た時、その病院は海外研修もあるということを教えてくれて興味を持ちました。

パラパラとめくっていたら

頭も悪く、高校の進路で悩んでいた頃将来のことを考えて進路の本をめくっていたときに、ちょど止めたところが看護師のページだったのが、きっかけでした。

嬉しいことも

看護師になって良かったことは、色んな患者さんと触れ合えることができ、患者さんのケアができることです。
また患者さんや御家族さんから「ありがとう」と言ってくれることや、患者さんが元気に退院していく姿を見るのが嬉しいです。

嫌なことも

嫌なことは、不穏の患者さんや御家族さんのクレーム対応です。

高齢化社会だからこそ

看護師になって良かったと思います。
これからますます高齢化社会となり、自分の両親や旦那の両親を看護していかなければならないので、知識や技術が身につくことができるのはありがたいです。
職場の人間関係は、どこへ行っても複雑ですが、自分自身が関わらなければ大丈夫なので、特に気にしてないません。

もちろん続けます

子供が成長したら、夜勤を入れたり、自分の目標に向けてケアマネの資格を取りたいと考えています。
そして、今の病院は急性期のところなので、今後は療養型で働きたいと思っています。

資格を無駄にしない

どこの病院でも必ずお局さんや嫌な人が1人いますが、それに振り回されてはいけません。
辛かった実習を乗り越えてせっかく頑張ってとった免許ですので、無駄にしないでください。
あなたを見てる人は、ちゃんと見てます。
嫌がらせを受けたら、上の方に相談してみてください。
それでも改善しなければ辞めて、あなたが頑張れる仕事場を探してください。