Home > 看護師を続けること > 手に職を持つ看護師は困難な時代にも乗り切れるお得な職業?!

手に職を持つ看護師は困難な時代にも乗り切れるお得な職業?!

女性30代
看護師歴10年以上 外科と内科を経験。

総合病院の病棟勤務する

大きな病院で、新人への指導も充実していると思い、総合病院を選びました。

看護婦の職業を選んだワケ

小さい頃からなんとなく看護師さんへの憧れがありました。
成長しても一般企業で働くビジョンが描けなかった私ですが、高校生ぐらいから病気の人を支えることがどれほど意味があることかについて深く考えだし、やはり看護師になりたいと思うようになりました。

看護師になってよかった

良かったことはやはり収入面です。
みんなが思うほど高くはないですが、それなりに一定の収入が見込めます。
そして自分の手に職を持てるという強みです。
夫の転勤があっても病院はどこでもあるので、迷わずついていくことができました。

大変だなと感じるとき

体力面ではやはり看護師という仕事はキツイ仕事です。
そして安定した収入が見込めるものの、決して給料が高いわけではありません。
夜勤をし身を粉にして働いてるにもかかわらず、一般の定時帰りの仕事をしている人よりも給料が低いことにショックを受けました。

看護師になってよかった

自分の身内が入院したり、施設に入ったりしたときに、行われていることがどんなことなのか、大体わかることと、医師の話が一般の人よりもわかることは、看護師になってよかったなあと思うところです。

看護師は絶対続ける

やはり夫の給料だけでやっていくより二人で頑張るほうがゆとりができますし、月並みな言葉ですが仕事にやりがいもあるので、看護師は続けていくと思います。

看護師はお得な職業

就職難といわれた時代にも、安定しているし、就職先の需要もあります。
今の職場が悩みの種であれば、部署や病院をかわるとまた全然違う環境も選択できますし、看護師の仕事内容も職場が変わればいろいろです。
ただ、どうしても心身疲弊して無理なら、一度この仕事から離れるのもいいかもしれません。